世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について  >  名産というソバが、旨いとは限らない

名産というソバが、旨いとは限らない

090422.jpg

そば、蕎麦でまちおこしに挑戦する・・・これは決して珍しくなく、比較的ポピュラーな手法といえるでしょう。どこにでもあるそば打ちタイケンは悪い冗談として、そばの花が一面に咲いた景観などは、農村の元気な印ともいえます。また中山間地帯に多いというのもうなづけます。

ホンモノ、こだわりのそば作り(へいへい)でUIJターン促進をめざしたり、著名なそば職人のお店を誘致するなど、どちらかというとエキサイトしているようですね。そばのまちづくり。先日視察の途中、京都府下の中山間地帯・・・いわゆる過疎でそばのまちづくりをすすめる村に立ちよりました。

ここはそばの名産地・・・小洒落たお店へ。マクロビオテックなメニューもあり、平均価格帯は800円〜1,000円と悪くない。ホール係は中学生の娘さん、高まる期待を胸に「もりそば大」を注文。中学生、「おまたせしました!」ジャーン!

あかん

ごわごわ。大にせんかったらよかった。期待に対する落差は大きいものです。実際関西だけでも“ダメそば産地”というのは複数あり、ある意味個性的なのですが・・・ここのそばは都市的なものをめざしているだけに痛みが大きいですね。マクロビオテックの前に、もう少し、そばのお味を調整していただきたい。

名産というソバが、旨いとは限らない。勉強になります。

●“必ずしも旨いとは限らない”関連エントリー
「魚市場のメシ屋で、サカナが食えるとは限らない」





| トラックバック(3) |2009年4月22日 06:07

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/422

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 名産というソバが、旨いとは限らない:

» 大阪市役所の食堂(新)も、また・・・ from アウトドアをまちづくりに!
指定管理者制度の導入なども進んでいることから、市役所のご飯は変わってきているの... [詳しくはこちら]

» 漁港のなかにうまい店。漁師家「幸」 from アウトドアをまちづくりに!
うまそうなタコでしょ?はい、おいしゅーござい。甘い獲れたてのタコ・・・大阪湾岸... [詳しくはこちら]

» 日本一のうなぎ。ん? from アウトドアをまちづくりに!
駐車場から降り立つと、周囲には「日本一のうなぎ」の看板、のぼりが立ち並んでいま... [詳しくはこちら]

名産というソバが、旨いとは限らない