世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について 何とも言えんもの  >  コアシダカグモ。春の河原に住まう

コアシダカグモ。春の河原に住まう

090417.jpg

河原の石をひっくり返して見る・・・そんな行為はなぜか日常なのですが・・・まあ、変わった性癖でしょうね、一般人から見れば。この間、かなり水辺に近い石のウラ側に見つけたのがこれ。コアシダカグモと思われる方です。

ひっくり返した直後は仮死状態といいますか、カメラを取り出すまでしばらく動きませんでした。もしかしたら、そのままの姿勢で冬を越していたのかもしれません。撮影直後、オドロキ、オノノキ、どこかへ逃亡されました。彼らは生態網のなかで比較的高い階層にあるようで、コオロギなどもモシャモシャ食べるようです。

しかし、良く考えるとかなり川の近くの石でした。増水したらどうするのでしょうかね?何ともいえません。

春のカヤックツーリング。河原で休憩していると、手元足元の石の隙間にたくさんのクモが見られます。川の中の水生昆虫たちが羽化するのを待ったり、流れ着いた獲物を待ったり、みんな水辺近く、ギリギリのラインで捕食活動をしているようです。




| トラックバック(0) |2009年4月17日 06:50

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/419
コアシダカグモ。春の河原に住まう