世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  アウトドアと自然について  >  高時川、照葉樹の森を漕ぐ。

高時川、照葉樹の森を漕ぐ。

照葉樹の森、混成林を細かく蛇行して流れる、ここ滋賀県の高時川。このモコモコした感じ、いろんな種類の樹木が森を立体的に見せてくれる雰囲気が独特です。写真をクリックして拡大してみてください。あー、これが春の山だと・・・。カヌー、カヤックだから楽しめる、川から見た景観です。

町内会の「桜フェスティバル」を無視し、子どもの子守も人任せにして、トーチャンはやってきました滋賀県へ。一緒に集まったのは平均年齢の高い連中ばかり。女性がいなかったこともあり、今回は極めて無口に寡黙にパドリング。実は少々むさくるしかったです。

高時川のダム建設計画は凍結しました。それはそれで周辺の自然生態系は救われると思います。しかし、すでに設置された大規模な道路はこのまま供用されるのでしょう。一応立ち入り禁止になってはいますが、ワサビハンターと、山菜採り、および「美味しい天然水」を汲みに来る人などの専用道路という状態です。さて、これからどうするか?

この照葉樹の森を理解し、楽しめる来訪者は今のところ、そういう一部の人たちだけなのかもしれません。もう2週間もすれば、この森も新緑シーズンを迎えるでしょう。またそのころ、ぜひ足を運びたいものです。

●関連エントリー
「カヤックの醍醐味のひとつ、新緑のトンネル」
「カヤックで紅葉のトンネルを」





コメント(2) | トラックバック(6) |2009年4月14日 06:17

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/416

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 高時川、照葉樹の森を漕ぐ。:

» 麹のお花は、桜で作った木桶に咲く from アウトドアをまちづくりに!
伝統的な手法で作られるお味噌。その原料となる大豆、塩、麹(こうじ)はもちろん、... [詳しくはこちら]

» 秋晴れ琵琶湖の北、高時川 from アウトドアをまちづくりに!
(クリックで拡大)琵琶湖に流れ込む高時川です。しばらくぶりに訪問・・・どうもこ... [詳しくはこちら]

» 京都美山川、紅葉狩りカヤック from アウトドアをまちづくりに!
法事と仕事の合間に半日お休み、ずる休み。トポリノをクルマに縛り付けて北へ、北へ... [詳しくはこちら]

» 川のチカラ、昭和の地層 from アウトドアをまちづくりに!
360cc、軽自動車だと思いますが、原型は全く推測できず・・・ぺしゃんこになっ... [詳しくはこちら]

» リセット。やっぱり川です、私 from アウトドアをまちづくりに!
ようやくといいますか、実質3ヵ月半ぶりに川で漕げました。丹生ダム建設でゆれ、照... [詳しくはこちら]

» 和船へのあこがれ from アウトドアをまちづくりに!
和船にあこがれます。川でも、海でも。艪ってこいでみたい、そして当て山なんかを実... [詳しくはこちら]

コメント

御無沙汰してます。
高時川、いいですね〜ダム建設なくなってよかったです。
でも、道路の活用は難しいですね。

近場でぼちぼち漕ぎ始めてます。
またそのうち、みんなともご一緒できたらいいな。

すーさんへ

ご訪問ありがとうございます。
ぜひご一緒ください。第一子お連れになって。

虫、草、いろいろ。早く子どもに触れさせたほうがいいですよ。
お待ちしておりますね。

高時川、照葉樹の森を漕ぐ。