世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について  >  巨大ミツバチに昔の映画を思い出す

巨大ミツバチに昔の映画を思い出す

090315.jpg

原子カマキリとかタランチュラの襲撃とか、巨大アリとか・・・そういうアメリカ映画がたくさんありました。ユニバーサル映画やRKOラジオ映画が多かった気がします。巨大昆虫というのは、どこかこう心を揺さぶるものがあります。学びになっていました。

原子力(低予算)によって巨大化したものを、The American Way of Lifeでやっつけるという、良く考えるとストーリーそのものが恐ろしかったりもしました。また、この手の映画のラストシーンは決まって面白く、「いいや全ては終わっていない、またどこかで巨大昆虫は復活する」といった予兆を感じさせるものでした。

1950年代の映画の世界から続く、オロカナ人類は変わっていません。と、トーチャンは巨大ミツバチの模型を見ながら思ってしまいました。ああいった映画、今改めてみたら面白いでしょうね。巨大ミツバチは伊丹市昆虫館でのスナップでした。

えっ?大阪名物ユニバーサルスタジオになぜ行かないって?そんなもんあなた、大アマゾンの半魚人やメタルーナミュータントが存在しないユニバーサルなんて誰が行くもんですか。ロサンジェルスには行きましたけどね。




| トラックバック(0) |2009年3月16日 06:40

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/395
巨大ミツバチに昔の映画を思い出す