世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について  >  コンプライアンスは免罪符?

コンプライアンスは免罪符?

090225.jpg

年度末も近づきまして、何かと提出書類が多い今日この頃。まあ行政むけの文書が多いのですが、昨今・・・というより一昨年ぐらいからかな?コンプライアンスの縛りがきつくなってきている実感があります。行政、企業、もちろん民間のまちづくり団体にもいえますね。

企業から行政への提出物を作成する場合、企業側のコンプライアンスと行政側のコンプライアンスがぶつかり、その板ばさみになるケースが多いのですね。わかりやすい例で説明したいのですが、それを出せば企業名と行政の特定ができてしまうので、なかなかお伝えしにくいのですが。

社会的責任と説明責任を取り違えていたり、法令遵守と組織内基準をごっちゃにしていたり、いろいろと突っ込みどころが満載なケースが多いのですが、どこかこう、コンプライアンスを「免罪符」のように使い、「書くこと書いておいたら、あとは知りまへん!」という雰囲気ですね。もしかしたら思考停止型社会の原因はこのあたりにあるのかもしれません。

コンプライアンスはもっと崇高な目的のために使ってほしいものです。いつからこんな風になったんだろうか?やっぱり小泉あたりでしょうか?ひまができたら調べてみようと思います。




| トラックバック(0) |2009年2月25日 11:17

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/383
コンプライアンスは免罪符?