世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  アウトドアと自然について  >  トホホなフィッシングショー

トホホなフィッシングショー

090206.jpg

はい!この写真はナンでしょうか?なにやら紙袋をプールから釣り上げるようですが、恐らく何がしかの景品とか商品が紙袋に入っているのでしょうね・・・有料なのかなこれ?回答は大阪フィッシングショー名物、「福袋釣り」です。

今年も今週末に開催されるようですので、こういう釣りをタイケンしたかったら、ぜひインテックス大阪にお運びください。なお、福袋釣りを開催される目的は、ファミリーや若い女性に釣りの楽しみを知ってもらうために・・・ということです。トホホな主催者です。

釣り業界の若年層離れ、中高年の愛好家減少。さらに致命的な「釣り場の減少」という課題には深刻なものがあり、具体的な処方箋は見えにくい状況です。ブラックバスフィッシング・バブルを経験していただけに、その落差は切実に感じるのでしょう。

その反面、実は海釣り公園などは非常に人気がある・・・という現象を釣り業界はどう見ているのでしょうか?管理釣り場も結構増えています。なぜ、そこからなぜ、需要喚起がつながらないのか?私は釣りというレジャーが“タイケン化”しているのではないかと推測するわけです。タイケン化が“趣味化”を防いでしまっているのではと考えるわけですね。

詳細はまた機会があればお伝えしますが・・・まあ、言わんとしていることは写真の福袋釣りの実態を見ていると、お分かりいただけるのではないでしょうか?
嗚呼トホホなフィッシングショー。




| トラックバック(5) |2009年2月 6日 06:15

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/369

この一覧は、次のエントリーを参照しています: トホホなフィッシングショー:

» 字幕スーパーと体験プログラム from アウトドアをまちづくりに!
映画「レッドクリフ」の成功には、登場人物の名称を字幕スーパーとして“2回目以降... [詳しくはこちら]

» 300人を超える体験カヌーの失敗 from アウトドアをまちづくりに!
バカタイケンについて、自身の失敗例を元に考察を続けます。写真は数年間、カヌー・... [詳しくはこちら]

» 着地型商品イコール、体験ではない! from アウトドアをまちづくりに!
体験プログラム、バカタイケンを否定するシリーズです。無思慮な体験プログラム、観... [詳しくはこちら]

» そしてまた、タイケンを求められる from アウトドアをまちづくりに!
先週末はカヌースクールの依頼があり、これはもちろんきちんとした初心者向けスクー... [詳しくはこちら]

» バカタイケン(着地型プログラム)が増えるワケ from アウトドアをまちづくりに!
<1>生活様式ライフスタイルの変化に伴い、 「自然」「生業」が消失しかけている... [詳しくはこちら]

トホホなフィッシングショー