世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について 何とも言えんもの  >  滲出性中耳炎という診断でして、耳浴してます

滲出性中耳炎という診断でして、耳浴してます

081229_02.jpg

耳浴というのをご存知でしょうか?鼓膜の疾患を治すために、専用の薬を耳の穴から入れ、約10分ほど横を向いて寝転ぶという行為です。薬は鼓膜の辺りをコロコロ流れ、決していい気分ではありません。もちろん楽しんでやっているのではありません、2週間ほど前から右耳が故障してしまったのです。

滲出性(しんしゅつせい)中耳炎というやつで、鼓膜の内側、中耳に水がたまった状態なんですね。耳ヌキはもちろん、水も抜けません。聴覚は1/2ぐらいまで落ちている印象です。取材や打ち合わせで、はっきり困った状態になってきました。自分お声の大きさもわからない。

渡邉は最近、話をするとき対面して右側を向いて話すことが多いので、面白がって観察してください。痛みはないのですが、このままでははっきり仕事に支障をきたします。鼻と耳をつなぐ器官の炎症が原因と聞きましたが、炎症が治まらないようなら年明け手術です。

鼓膜を切除しチューブを入れて、滲出が収まるまで水を抜くらしいのですが・・・カヤック禁止ですね。直るまで。しばらく漕いでないので、それほどショックではないのですが、春までに直らないとよろしくない。それ以前に何かチューブを入れるというのがサイボーグになるようで、イヤですわ。

手術はすでに予約済み。エックスデーは1月6日(火)。ちょっといやな年越しになってしまいました。40過ぎて、いろいろガタが出てきました。何ともいえません。





コメント(2) | トラックバック(1) |2008年12月30日 08:23

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/342

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 滲出性中耳炎という診断でして、耳浴してます:

» 川で遊ぶために、四十四直前で初の減煙か? from アウトドアをまちづくりに!
サーファーズイヤーじゃない耳の炎症の件、医者といろいろ相談するに、考えられる原... [詳しくはこちら]

コメント

むむ、蓄膿とか副鼻腔炎とか、渡辺家の宿痾なのですね。ご無理せず、完治めざしてください。御身大切に新年をお迎えください。

masashiさまへ

今年も何かとお世話になりました。
宿癖ですか・・・困りましたね。
まあ、ちょっとタバコも減らすことにしますね。

滲出性中耳炎という診断でして、耳浴してます