世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  まちづくり観光について  >  つるべすし復活に期待!下市の弥助寿司

つるべすし復活に期待!下市の弥助寿司

081222_01.jpg

歌舞伎「義経千本桜」の三段目「すし屋」の舞台となっている、すし屋・・・弥助寿司(正式にはつるべすし弥助)が奈良県下市町に“現存”していることは、あまり知られていません。もちろんこのお店が鎌倉時代以前よりあったわけではなく、江戸末期の戯作者たちが面白がって義経千本桜のストーリーを組み立てた頃には存在していたというわけですが。もちろんそれだけでもすごいことです、創業八百有余年。

寿司の原型ともいえる釣瓶寿司(つるべすし)は、アユのなれ鮨に近いものであったといわれ、現在作られてはいません。お店の中には、以前使用していた、数々の道具(上の写真)のみ展示されています。もちろん、アユのお鮨としてはすがた鮨や焼きアユの鮨を中心に、今日提供される御料理は絶品です。

081222_02.jpg
今回の調査では、はっきりと辟易するぐらいアユとアマゴを食べましたが、弥助のアユ鮓はレベルが違います。つるんと3匹平らげました。旨い!

またお店は文化財としても高い価値があると指摘でき、客室から広がるお庭もすばらしい。そこここに飾られている義経千本桜グッズ、いがみの権太関連、創業者弥左衛門に関わる貴重な品々も興味深く鑑賞できます。特にいがみの権太をあしらった、明治から昭和初期に作られた包装紙などはかわいいのです。

081222_03.jpg  081222_04.jpg

寿司の弥助は歌舞伎で謳われ、屋号として普及しました。おそらく全国に弥助があるのでしょうけど、実はそのオリジナルがここ、下市の「つるべすし弥助」であり、下市の宝、奈良県の宝なのでしょう(県とか町は理解してるのかどうか知りませんが)。

さらに付け加えますと、第49代目当主の次男、宅田次郎さんにご案内いただいたのですが、この方の“流れるような”弥助のルーツ・解説トークが絶品でした。聞いていて惚れ惚れしてしまいました。美味しい、楽しい、こんな素敵なアユ料理、はじめて食べました。

つるべすしの復活は、つるべすし弥助さんにとっても重大なテーマだということです。昔のままのつるべすしを作っても、今日の食習慣に合致するとは言い切れない。しかし、違うものを復活させてもオリジナルとは言えない。ものすごく深いテーマでしょう。

私個人的には、オリジナルはまだまだ時間をかけて、長い目で見て復活させていいと思うのです。ただ「つるべすし弥助」というブランドは生かして、つるべすし風の弥助弁当・・・のようなものを作ってもよろしいのではないかと思います。発信しましょうよ、もったいない。そうですね、下市には三宝をはじめとしたスギの加工産業がありますし、独特の弁当箱も作って・・・いかがでしょうか?

●関連リンク「つるべすし弥助」

●奈良県「過疎のむら魅力づくり」レポート
 ○吉野町の「やき餅こばし」。美味いらしい
 ○長〜いヒノキ作りの廊下をどう使う?
 ○黒滝村で串こんにゃくを立ち食いせよ
 ○過疎に賑わいをもたらすパン屋さん
 ○五條市を縦断する“幻の五新線”を走る
 ○玉置神社神代杉、紅葉に畏怖する。
 ○上北山村、河合の川湊集落が新鮮に写った!
 ○上北山村の和佐又山ヒュッテ、トチノキ食堂でキノコうどん
 ○アウトフィッター冥利につきるもの
 ○東吉野村の高見川を下って気がついた
 ○ほえろ!東吉野のニホンオオカミの像




| トラックバック(8) |2008年12月22日 06:30

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/337

この一覧は、次のエントリーを参照しています: つるべすし復活に期待!下市の弥助寿司:

» 天川村洞川温泉、仔アマゴの天ぷら from アウトドアをまちづくりに!
奈良県の調査で5年分は食べたと実感できたアマゴとアユ。まだちょっと紹介し切れて... [詳しくはこちら]

» 過疎のむらとアウトドアの関わり方 from アウトドアをまちづくりに!
昨年より続いておりました「奈良県過疎のむら魅力づくり支援事業」ですが、佳境を迎... [詳しくはこちら]

» お取り寄せと、地産地消と、 from アウトドアをまちづくりに!
地域ブランド形成による産業振興というセオリーがあり、いわゆる地産地消というスロ... [詳しくはこちら]

» 日本の内水面漁業のゆくえ from アウトドアをまちづくりに!
大阪市中央卸売市場本場、いわゆる大阪本場なのですが、ここの川魚業種会がなくなっ... [詳しくはこちら]

» 近江今津、西友のうなぎにもっと光を。 from アウトドアをまちづくりに!
「旨いウナギを食べに行こうか!」と日曜日の朝、突発的に決定。JR湖西線にて近江... [詳しくはこちら]

» ハイジャコの天ぷら、これは旨そう。 from アウトドアをまちづくりに!
ハイジャコの天ぷらですね。ハイというのはハヤのなまりと考えられ、いわゆるウグイ... [詳しくはこちら]

» 持って帰ってきたマイふりかけ from アウトドアをまちづくりに!
お魚学習プロジェクト、和歌山のイベントで空さんが作った「マイふりかけ」です。こ... [詳しくはこちら]

» 「宮津バーガー5ヶ条」に好感を持つ from アウトドアをまちづくりに!
いわゆるご当地バーガーというのも、「どうしたものか」と考えております。特定店舗... [詳しくはこちら]

つるべすし復活に期待!下市の弥助寿司