世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について 何とも言えんもの  >  フジタカヌー研究所1989年の広告

フジタカヌー研究所1989年の広告

081202.jpg

先日の懐かしいアウトドア関連エントリー「フロッピー・カメラって知ってまっか?」において登場したBE-PAL THE CATALOG89夏スペシャル号、定価1400円をパラパラめくっていますと、このようなモノクロ1ページ広告を発見。何とも言えません。

小さなカヌーの・・・というお馴染みの広告は89年はあたりまえで、おそらくずっと以前から続いているのでしょう、フジタカヌー研究所!「月世界というほど大げさではありませんが・・・」というボディー文のくだり、はきりいって泣かせますし、改めてその言葉をかみ締めてしまいます。そうですよね、ファルトボートの旅はそういう感じです。写真はクリックしていただくとと拡大しますので、じっくり鑑賞してください。今はなき小売店の名前も確認できます。

右下のフジタカヌーを収納したザックを担いでいるイラストは、個人的に思うのですが藤田清(社長)その人がモデルではないかと推測します。もっと大柄な人物をモデルにすれば、ファルトボートのザックがもっと小さく感じることができたのに・・・それをしないとこらへんが、清社長のお人柄というか、いいところではないでしょうか?

フジタカヌー研究所。創業50余年・・・日本が誇るカヌー製造業です。




| トラックバック(2) |2008年12月 2日 06:11

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/322

この一覧は、次のエントリーを参照しています: フジタカヌー研究所1989年の広告:

» フジタカヌーでファルトを修理 from アウトドアをまちづくりに!
フジタカヌーでファルトボートを修理、メンテナンスしてもらっており、完成の知らせ... [詳しくはこちら]

» アウトドア女子、フジタカヌー310を選ぶ! from アウトドアをまちづくりに!
話題のアウトドア女子は、軽量コンパクトなファルトボート・フジタカヌー310を選... [詳しくはこちら]

フジタカヌー研究所1989年の広告