世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  まちづくり観光について  >  秋晴れのお城ウエディングに感動す

秋晴れのお城ウエディングに感動す

081201.jpg

ここは岸和田、岸和田城。天守閣で手を振るのは新しい一歩を踏み出した、新郎新婦・・・羽織袴、文金高島田きわめて和風な結婚式。お殿様結婚式ともいうべきか・・・親族や両親はお城の下で手を振り替えしています。岸ぶらの取材です。

なかなか面白い取り組みです。地域の文化財の有効活用としての結婚式は、すでに珍しくはなくなりましたが、ここまで徹底してやると、名物化しそうですね。岸和田城ウエディング、通称「ちきり(岸和田城をちきり城と呼ぶ)ウエディング」は稼動から三年目。数多くのカップルが式を挙げています。外人さんも二組実施しました。

お城のそばには南海電車旧社長の邸宅を保全した、五風荘があり、ここでの披露宴ができ、またすぐ近くには本町のまちなみ保全地区があって、ここでの嫁入り行列の展開できると・・・こればこるほど和風なお式ができます。

浜のだんじりだけでなく、市民のシンボルとして存在するお城での結婚式。青年団の憧れとして定着するのでしょうか?市外の方向けというよりは、どちらかというと市民むけのサービスとして、地域への愛着や誇りを高める方向に機能しているようですね。

●関連エントリー「岸ぶら 梅田の人」




| トラックバック(0) |2008年12月 1日 06:49

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/321
秋晴れのお城ウエディングに感動す