世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  アウトドアと自然について  >  東吉野でノルディックウォーク初挑戦

東吉野でノルディックウォーク初挑戦

081113.jpg

視察行程のなかで東吉野村の農家レストランを訪問。そこで、アクティビティーとして導入を検討されているという、ノルディックウォークに初挑戦しました。ノルディックウォークに関しては拙ブログ、9月のエントリー「池袋、春夏アウトドア合同展示受注会を楽しむ」でも紹介しましたが、それなりに流行するのではないかと、少々注目しています。

偶然にもインストラクターがいらっしゃったので、しめしめ初体験です。クロスカントリースキーは少々自信がありますので、同じ要領かと思いきや、すり足は必要ない(あたりまえでんがな)とのこと。その分、足を大きく振り出すことでテンポを作り、グゥーと腕と胸にへ力を分散させて、ストック側(後ろ)へ体重をかける。

あ、これいいですね。足にかかる体重、つまり重力を胸、腕からストックを通じて地面に逃がしてやる感じです。トコトコ歩くと、大胸筋と上腕筋にツッパリを感じます。腰、足にかかっていた負荷が上半身に移動し、歩くことが全身運動に変わるエアロビクスですね。なかなかやるやんノルディックウォーク。

お話によると、そこそこザックなどを背負った場合、足腰の負担が分散され、荷物による疲労度も拡散していくとのこと。トレッキングで一般化したストックとは構造的に異なりますね。ウォーキング、トレッキング(平地)での新しいあそびになりそう。

ノルディックウォーク、機会ありましたらぜひ挑戦してみてください。まちなかでやったら目立ちまっせ。





| トラックバック(0) |2008年11月13日 06:38

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/308
東吉野でノルディックウォーク初挑戦