世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について 何とも言えんもの  >  色紙と毛糸で工作した、これは一体なんでしょう?

色紙と毛糸で工作した、これは一体なんでしょう?

081109.jpg

視察などでたまりまくった仕事を処理するため、土曜日は終日デスクワーク。2時間だけジムに行って身体を動かすと、そうですねぇ1ヶ月ぶりということもあって、上半身が悲鳴をあげました。視察続きはなかなかよろしくない。

せめて家庭サービス面だけでも…と思いつき空を迎えに保育園に。このぐらいしとかなければ…迎えにいくと空はご機嫌。トーチャン仕事で忙しいほうがよろしいようで。保育園からの帰りしな、ごそごそ自分のかばんから、何やら毛糸を取り出して首に回しています。「ん、あやとりか?」と思って気にしなかったら…

「ほら、えーやろトーチャン?」と言う。
見ると、毛糸の両端を器用に両耳に突っ込んでいる。

「そんな、毛糸を耳に入れたらアカンがな」
「これでえーねん、これで音楽聞くねん」

「はぁ?なにそれ?」
「あいぽっど。」

ずっこけてしまいました。i PODだそうです。
どこでそんなモン憶えんのか…って保育園でか。もちろん我が家にはありまへん。色紙でできた本体部分をよく見ると、自分の名前と操作パネルのようなものが書き込んであります。

つれて帰ると、そのあとずぅーっと「あいぽっど」を首から下げ、毛糸を耳につけたまま、腰をふりふり手を上げて一人で踊ってご機嫌さんでした。そんな光景を見ていると、こちらの疲れも癒えました。「あいぽっど」ね。このぐらい、トーチャンが作ってやらねば。





コメント(2) | トラックバック(0) |2008年11月 9日 07:36

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/305

コメント

うわ〜素敵!しかし、よくできていますねぇ。直接耳から機械をぶらさげると耳に負担になるので、もう一つの毛糸で首からぶら下げるようにしているのですね。
まめっこでは、布で作った聴診器が人気ものです。

まめさんへ

毎度ご訪問、ありがとうございます。そうか、耳から直接かけないようにできているのですか?

実は…iPOD自体がよくわかっていない私でした。


色紙と毛糸で工作した、これは一体なんでしょう?