世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について  >  群遊するフナを、大阪郊外の河川で目撃す。

群遊するフナを、大阪郊外の河川で目撃す。

081104.jpg
まことに不鮮明な写真で恐縮ですが…本当に久しぶりに見つけました。川で泳ぐフナです。浅い流れのなか50匹ぐらいの集団ですね、このシーズンでこれだけ目撃できると言うことは、春先の「のっこみ」の時期など、相当数の存在が確認できるでしょう。

ご存知のように私は、仕事と称して(いえいえ、仕事ですよ)西日本各地の田舎を渡り歩いて、十余年間、視察やらカヤックやらと、河川に触れております。触れるというよりも「沈」などしつつ、もぐってみたりもしております。ですので、コイやニゴイ、アユ、ハヤ(ウグイ)、アマゴ、スッポンなどはっきり言って珍しくありません。オオサンショウウオに出会ったときには驚きましたが…

実はこんなフナたちを、目撃すること、大変珍しいのです。フナの場合、清流がキレイ過ぎても目撃しにくい…ということはいえますが…。以前にフナの群遊を見たのはいつだったか?8年ほど前、四国の仁淀川だったと記憶しています。そのぐらい久しぶりなのですね。野生のオイカワ♂なんか10年以上見ていません。

今回フナを目撃したのは、大阪府下のとある河川。タニシも多く、コイも結構おり、生態網がしっかりしている印象です。ここでは住民が、主体的に清掃活動を行っていました。それら活動の成果ともいえるでしょう。恐れ入りました。




コメント(2) | トラックバック(2) |2008年11月 5日 05:51

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/303

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 群遊するフナを、大阪郊外の河川で目撃す。:

» ハイジャコの天ぷら、これは旨そう。 from アウトドアをまちづくりに!
ハイジャコの天ぷらですね。ハイというのはハヤのなまりと考えられ、いわゆるウグイ... [詳しくはこちら]

» 持って帰ってきたマイふりかけ from アウトドアをまちづくりに!
お魚学習プロジェクト、和歌山のイベントで空さんが作った「マイふりかけ」です。こ... [詳しくはこちら]

コメント

たしかにウヨウヨ並んでいますね。

GOGOさんへ

ハイ、ウヨウヨいます。

群遊するフナを、大阪郊外の河川で目撃す。