世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  アウトドアと自然について  >  アウトフィッター冥利につきるもの

アウトフィッター冥利につきるもの

081022.jpg

「過疎のむら魅力づくり支援事業」の視察がはじまり、通いなれた国道169号線の村を視察。他案件もあり、3日間の予定を2日目で中断して帰阪。昨夜訪問した川上村の温泉旅館「五色湯」にて、“五色湯の思い出”なる雑記帳を発見!泣ける書き込み(写真)があったので紹介します。

キャニオニング最高!

Dear.HIRO
Thank you
for
all impressions

川上村でのキャニオニングを終了して、興奮冷めやらぬまま、お客様を五色湯にお送りした後、風呂上りにお客様が書き込んだものでしょう。キャニオニングを先達したアウトフィッターはこの書き込みを知っているのか、知らんのか?ガイドの名前は「HIRO」さんです。私のヨク知っている人です。

ブログなどへの書き込みはうれしいものですが、金銭関係はもちろん関係性が希薄である五色湯の雑記帳にこういう言葉が残っていること…ものすごくうれしくまた、うらやましくあります。アウトフィッター冥利に尽きるというか、いい仕事しているのでしょうね。

五色湯の思い出…バックナンバーは8月末ごろからのものがありましたが、キャニオニングに関する書き込みは4枚ほど存在しています。こりゃぁ五色湯も「キャニオニング」を意識しはじめると考えられますね。いいことです。

●関連リンク
・キャニオニング、ラフティング、ハイキング、スノーシューであそぼ By エバーグリーン





コメント(9) | トラックバック(11) |2008年10月22日 11:05

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/296

この一覧は、次のエントリーを参照しています: アウトフィッター冥利につきるもの:

» ガイド冥利につきるもの from えばぐりの日記
奈良の川上村の五色湯という温泉があり、この温泉に置かれている、“五色湯の思い出”という雑記帳があります。その中にツアーの感想が書かれていると友人より... [詳しくはこちら]

» 上北山村、河合の川湊集落が新鮮に写った! from アウトドアをまちづくりに!
いつもクルマで通過してきた、国道R169沿い奈良県上北山村。早朝に役場のあるあ... [詳しくはこちら]

» 玉置神社神代杉、紅葉に畏怖する。 from アウトドアをまちづくりに!
熊野三山奥の院、玉置神社(十津川村)を久しぶりに訪問しました。紅葉シーズンはは... [詳しくはこちら]

» 五條市を縦断する“幻の五新線”を走る from アウトドアをまちづくりに!
奈良県五條市を縦断する幻の鉄道(というか道路)、五新線を、許可を頂いて走ってい... [詳しくはこちら]

» 観光ボランティアガイドのレベル向上につき from アウトドアをまちづくりに!
今回、奈良県各地の観光資源調査という業務で、歩かせていただいたなかで気がついた... [詳しくはこちら]

» 黒滝村で串こんにゃくを立ち食いせよ from アウトドアをまちづくりに!
思い切り奈良のローカル情報ですね。写真は黒滝村の道の駅「吉野路 黒滝」で食べれ... [詳しくはこちら]

» 長〜いヒノキ作りの廊下をどう使う? from アウトドアをまちづくりに!
みつえ体験交流館は、御杖村の菅野地区にあった小学校を改築したもの。横一文字の校... [詳しくはこちら]

» 吉野町の「やき餅こばし」。美味いらしい from アウトドアをまちづくりに!
盆地で稲作が栄えたからとか、中国からの御餅(御幣)文化が大昔に入ってきたからな... [詳しくはこちら]

» つるべすし復活に期待!下市の弥助寿司 from アウトドアをまちづくりに!
歌舞伎「義経千本桜」の三段目「すし屋」の舞台となっている、すし屋・・・弥助寿司... [詳しくはこちら]

» 過疎のむらとアウトドアの関わり方 from アウトドアをまちづくりに!
昨年より続いておりました「奈良県過疎のむら魅力づくり支援事業」ですが、佳境を迎... [詳しくはこちら]

» やめられまへん観光交流ビジネス from アウトドアをまちづくりに!
先日実施した「宇治まちづくり修学旅行」なのですが、参加した中学生によるアンケー... [詳しくはこちら]

コメント

まったく、アウトフィッター冥利に尽きますね。

ほんとうに、ガイド冥利につきます。
キャニオニングツアーの感想は、これまで何度も頂いていますが、人知れず、五色湯の雑記帳に、こんなにも大きく書いて頂いて、お客様に本当に感謝したいです。
ありがとうございます。

この雑記帳の存在は、知っていました。キャニオニングツアーについての記帳が、あって当たり前かもしれないとは思いつつも、宿泊などの色んな方々が、思いおもいに綴られた内容もあり、ぱらぱらとだけ拝見していました。

今シーズンのツアーは終了してから、こんな形で感想を見てしまうと、本当に概観深く、ガイドしてよかったと思っています。

これを糧に、来シーズンも頑張らねば・・・

こういうのをみると、ガイドに復帰したくなりますねぇ。

なんちゃって。

でも現役時代、とくに駆け出し修業時代は、ホントにこういうのにすごく元気づけられたもんです。
すっかり忘れてましたけど、そういえば宿の雑記帳の中から自分のお客様が本音の感想を残してるんじゃないかと、必死に探してたこともあったのを、これ読んで思い出しちゃいましたよ。

なつかしーなー。

みなさま、毎度ご訪問ありがとうございます。

ごうさんへ
ガイド冥利って色々あるけど、偶然見つけるときが一番うれしい…。なんだか我がことのような気がします。

ひろへ
一生懸命励みなさい。ちなみに川上村さん、御社のことヨクご存知でしたよ。くわしくはまたお会いしたときに。

Ryuさんへ

アンケートをとるアウトフィッター…お客様の生のお声を聞く姿勢って…ニホンではほとんどないような気がします。
そのあたり、ニュージーってどうでしょうか?
アンケートそのものが日本的な手段だと思いますが(ホテルなんか絶対あるし)、それ以外の方法でお客様の生の声をフィードバックする方法ってないもんでしょうか?

ぜひお教えください。


スミマセン、レス遅くなりました。

こっちではアンケートとるのが普通です。
というより、日本よりもっと徹底していますよ。
何かのコースを受講すると、最後に「このコースはどうだったか? 教師(インストラクター)はどうだったか?」っていうアンケートが配られて、教師も厳しく採点されるのが普通です。
ファーストエイドコースなんかもそうですし、おそらく学校なんかもある程度の学年以上はそうなるはずです。

アンケート以外で生の声をフィードバックさせる方法ですか……。
そうですねぇ。
僕が働いてた会社なんかの場合、オフィスの女の子が
「お帰りなさい、今日のツアーどうだった?」
と笑顔でたずねて、本音を引き出したりしてましたね。

あと、送迎バスの運ちゃんなんかも、かなり正直な感想を聞き出せる立場だと思います。

それくらいしか思いつきません、スミマセン(^^;


Ryuさんへ

お忙しい中ご返信を求めて申し訳ありませんでした。

>普通です

というとこらあたりがキモですね。アウトフィッターに限らず、こちらの方々は一般的にやりませんわ。いわゆる体験モノは基本的にやりませんね。普及します。

>オフィスの女の子や運ちゃん…

これも重要ですね。統計とかそんなレベルではなく、感覚的に捉えたい課題が見えますからね。

大変参考になりました。ありがとうございます。


追伸

何でニホンのアウトフィッターはフィードバックする重要なお声(アンケート)をとりたがらないんだろうか?

???

>何でニホンのアウトフィッターはフィードバックする重要なお声(アンケート)をとりたがらないんだろうか?


邪推其の壱
そもそも「顧客の声をビジネスにフィードバックする」という発想が乏しい。

邪推其の弐
お客様の生の声を聞くのが怖い。

邪推其の参
そもそもお客様の本音がきけるとは思っていない(諦めている)。


弐や参よりも、むしろ壱ですかねぇ(笑)

私も「壱」がほとんどのような気がしますが、まあ、そんな気がする…ということで。

月並みですが、お客様の声は宝モノだと思います。ここまでのコメントを読まれたアウトフィッターさんは、ぜひぜひ積極的にフィードバックを実践してくださいね!

うーん…


アウトフィッター冥利につきるもの