世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について  >  今年の運動会のお弁当、「地味」で「安心」

今年の運動会のお弁当、「地味」で「安心」

081017.jpg

岸和田の十月祭礼取材とモロに重なってしまった、空の通うさつき保育園大運動会。今年は“名物”の鼓笛隊にピアニカ奏者として参加するので、見逃さないわけには行きません。久米田寺の行基参りの取材を終えて、大阪市北区へ一旦トンボ帰り。

午前の部最後のクライマックス、さつき鼓笛隊の演奏に間に合いました。ピアニカ演奏は大変面白く、すばらしく…あまり書くと親バカ丸出しなので控えます。そして、何もなかったようにお弁当タイム。近所の御姉ちゃんのひろえちゃんとカーチャン、空の4人で重箱を開きました。

世間には“キャラ弁”などと言うものがはやっているとのこと…そういうお弁当を取材してもよかったのですが、連日の取材疲れでその気になれず、とりあえず我が家のお弁当をパチリ。地味です。ゴボウとコンニャクの煮物、オカラが一杯入ったハンバーグ、無塩の薄いピンクのソーセージ…シャケおにぎりと、ジャコおにぎり、サツマイモのスナックとデザート。

一応全部「空の大好物」なので仕方ありません。まあ、この地味さもいいものであるとまた、宮崎の綾町野菜をふんだんに使っているので安心です。…我が家はトレンドには流されません。たらふく食ってビールを少々。閉会後は撤収をお手伝いし、あとでまた、軽く仕事を流しました。いやはや、大変です。





| トラックバック(0) |2008年10月17日 10:28

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/292
今年の運動会のお弁当、「地味」で「安心」