世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について  >  元明倫小学校、京都芸術センターで打ち合わせ

元明倫小学校、京都芸術センターで打ち合わせ

081007.jpg

11月に受入を予定している「京都まちなか修学旅行」の打ち合わせで、最初のブリーフィングとまとめのワークショップにおいて拠点となる京都芸術センターで打ち合わせ。ここは中京区の明倫学区であり、明倫小学校であった建物(昭和6年)を改築したもの。

建物の外観、大広間、講堂、和室などが保全されており、市民の芸術活動に活かされているわけです。何度も利用させていただいていますが、今回は職員室の隣の会議室での打ち合わせ。写真のようなカッチョイイ、レリーフが刻まれた小部屋に通されました。

着物悉皆業をされている50代のT村さん(まちなか修学旅行の訪問先をお願いしている)は、明倫小学校の卒業生でもあり「おー、この部屋、一回だけ入ったことがある!」と感激。大変重みのある発言です。希少な文化財を使わせていただき、会議はつつがなく進行しました。これはこれで、なかなか気分のいいものです。

京都芸術センターには、学区の町衆が寄贈したチェコのアントン・ペトロフ社製のピアノ(1920年代の制作?)も存在しており、この文化財の修復費用を捻出するために、チャリティーコンサートなども実施されています。こういった文化モノの保全…やっぱり京都が一枚上手ですね。

●関連リンク
 元明倫小学校「京都芸術センター」市立でも府立でもない。




| トラックバック(0) |2008年10月 7日 07:00

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/285
元明倫小学校、京都芸術センターで打ち合わせ