世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について 何とも言えんもの  >  売れ行き好調、護身用品スピットファイヤー

売れ行き好調、護身用品スピットファイヤー

080912.jpg

懇意にしていただいているアウトドア用品輸入卸業の社長さんから、突然電話。しかも発信元は上海…。以前にお手伝いさせていただいた“護身用品・スピットファイヤー”のプロモーションを強化したいというご依頼です。日本登場後、5年の月日を経てようやく火がついたようです。

スピットファイヤーは、女性にやさしい護身用品として開発された女性のための催涙スプレー。ただし、一般的な催涙スプレーやベアスプレー(クマ撃退用)と根本的に異なる点として、「強い意思決定」がないと発射できない安全装置がついていたり、噴出されるガスが霧状の唐辛子で人体に無害である点などです。

これら“他と違う点”が、ようやく認められたという感じで、最近は企業や自治体からの引き合いが増加傾向にあるということでした。おそらくVIPの護衛であったり、CSR的な側面として社員の保護といった視点で“使える”と判断されたのでしょう。良識のある方が使用する限り、全く問題ありません。

時流か…確かに日常生活で犯罪に巻き込まれるリスクを考えると、女性に限らず男性も防衛する必要があるのかもしれません。仕事の内容によっては、スピットファイヤーのようなスグレモノで備えておくことは有効でしょう。

しかし、なんだか本当に、アメリカの都市部のような話ではありますね。

●関連リンク
 正式輸入代理店(株)ビッグウイング「スピットファイヤー」





| トラックバック(0) |2008年9月12日 06:17

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/267
売れ行き好調、護身用品スピットファイヤー