世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について  >  救助訓練用のダミー人形、ケリー君

救助訓練用のダミー人形、ケリー君

080911.jpg

春夏アウトドア合同展示受注会ではレスキュー関連の道具類を扱う企業の出展もあり、「お勉強!お勉強!」と各社ブースを散策。本格的な機材をいじりまわしたり、本国のカタログを収集…で、大変興味津々だったのがケーイーエムさんのブースで入手した「PMI」の総合カタログ。

PMI(Pigeon Mountain Industries)は山岳救助、ロープレスキュー、雪上救助などの総合メーカー&商社という企業で、もちろん急流救助関連の道具類も自社生産しています。無論カタログは英語なので、正確には読めておりませんが(情泣)、写真をぱらぱら見ているだけで「へぇー、ほぉーコンナンありますのん?」と驚かせてくれます。

なかでも、米国レスキュー分野のレベルを感じ取れたものが上の写真。GIジョーちゃいまっせ、LAERDAL EXTRI-KELLY君。非常にリアルに作られた訓練用のダミー人形と思われますが、オプションに「トラウマ・モデルセット」というものが(ちょっとアップ写真には耐えられない)あります。

要救助者が現場でどのような状態になっているか…ちょっと考えたら分かることですが、要救助者に接触しようと近づいて、その傷を見て“ひるむ”わけにはいかないのです、救助者は。それを想像しておかねばならない…。また、出血などのひどい外傷がある場合、それを考慮して現場からの脱出を試みなくてはなりません。ケリー君人形を見る限り、訓練でもそういったプログラムがあるのでしょう。あなどれません。

と、まあ、なかなかタメになるPMIの総合カタログ。時間を作ってじっくり読んでみますね。ところでケリー君の名前の「LAERDAL」…いきなり訳せません…。じっくり読むには前途多難すぎる…

●関連エントリー
 「池袋、春夏アウトドア合同展示受注会を楽しむ」

●関連リンク
 PMI(Pigeon Mountain Industries)社
 ケリー君はPMIで販売されていますが、製造されているわけではないかも知れません。




コメント(2) | トラックバック(0) |2008年9月11日 06:38

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/266

コメント

あらー。昨日は上野取材だったから、
一声かけていただければ、足のばしたのに。
というか池袋の案件もあったけど、
上野を選んだのでした。
聞いていれば池袋に行ったのに。

あらら、そうでしたか旧姓はせがわさん。すまんこってす。いつもご贔屓感謝します。
今回も「田舎のネズミ」は都会に圧迫され、地図を片手にに右往左往。次回出張時にはお声がけさせていただきます。すまんこってす。


救助訓練用のダミー人形、ケリー君