世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  アウトドアと自然について  >  無人島2泊3日女三人サバイバル…

無人島2泊3日女三人サバイバル…

080904_1.jpg

企画書作成に使う写真を探していたら、「無人島2泊3日女三人サバイバル」というVHSテープを発見…ややや、怪しいビデオかしらん?記憶にないぞ…と、少々ドキドキしながら、VHSデッキを引っ張り出して確認、確認…怪しいビデオどころか、恐ろしい資料映像が収録されていました。

我が社の創業が1995年の春、その2年後に制作した「関西テレビさんの特番」でした。バブル破綻後、「安・近・楽」というレジャー志向を受けて、残り火のようなアウトドアブーム…関連の番組や特番の制作サポートをしていた時代です。よく無人島でロケしました。

この特番は瀬戸内の無人島に、三人の独身女性(タレントの卵)を送り込み、3日間生存できるか!という、冷静に考えると「なんの必然性もない」くだらない番組でした。写真はラスト、最後までサバイバルに耐えたタレントの卵女性を「アウトドア達人」が“なんとファルトボート”を担いで脱出に導いている姿です。全くお馬鹿な時代ですね。

この「アウトドア達人」というのが、極めて怪しい…どこが達人なんだか…
080904_2.jpg
恐ろしい資料映像とはこのことでした。ドレッドヘアにしていた末期ですね。こんなことしてるから、40代になって前頭葉が禿げ上がるのです。ああ恐ろしい、おぞましい。




| トラックバック(0) |2008年9月 4日 10:38

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/261
無人島2泊3日女三人サバイバル…