世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  アウトドアと自然について  >  北山川、ムササビ手前の不思議な大岩

北山川、ムササビ手前の不思議な大岩

080807.jpg

熊野川上流、北山川のムササビ(ゴンヨモ)の少し上流にある、不思議な大岩です。相当の大水のとき、上流からゴロンゴロンと流れてきた岩が、上手い具合に引っかかり、そのままずぅーっと時を刻んでいるのでしょう。大水、自然の力というのはすごいものです。

こういった「えっ!?」という不思議な風景、自然現象による景観も、川下りでしか楽しめないものです。自然の持つ奥深いパワーを実感できるときですね。地震が起これば「ゴロン…」と落ちるかもしれません。まあ、そんな時、あまり居合わせたくありませんが…

このムササビ上流の大岩も、初めて北山川を下った1回目から、3回目ぐらいまでは意識して鑑賞していましたが、1シーズンに5回も6回もあそびに来るうちに、正直忘れておりました。いつの間にか、普通の景色になっていました。景観ってそういうものですね。慣れてしまうと日常のものになる…

そう納得してしまうと、なぜか急に、勿体無い気分になってしまうわけで、やっぱり次に来たとき、目玉をかっぽじって“よく見ておこう!”と決意するわけです。だって、次に来たとき、この風景が無くなっているかも知れないわけですし…

●関連エントリー「川から見た景観」
 ○「熊野川の真骨頂は、やっぱり小松から下」
 ○「舟歌は絶滅危惧種の音景観」
 ○「川原の丸石を使った、笠松の亀甲石積み」
 ○「笠松の川湊。川から見るとこう見えるのだ」
 ○「聖牛(せいぎゅう)ってご存知?川から見た風景」
 ○「川からの景観、和船のある風景」




| トラックバック(1) |2008年8月 7日 06:44

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/244

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 北山川、ムササビ手前の不思議な大岩:

» 自然の奇観、ペルーでは「ファニカ」と呼ぶらしい。 from アウトドアをまちづくりに!
先日の黒滝川で見つけた奇観です。徳田銘木さんの裏側あたりで遭遇した、クスノキと... [詳しくはこちら]

北山川、ムササビ手前の不思議な大岩