世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について  >  親爺の初盆で、少々疲れましたとさ

親爺の初盆で、少々疲れましたとさ

080804.jpg

今年の8月が、例年になく忙しいのにはわけがありまして…そのひとつが昨年他界した親爺の初盆を、自宅で執り行うというものでした。お盆の行事を少し早めに昨日から行っています。土曜日にお墓へお迎えに行って、昨日日曜日はお坊さんにお経を詠んでもらいました。

仏壇を床の間に移設するという、今年はじめの大イベントもさることながら、「お盆」という法要、本番も大変なのですねぇ…。勉強になりました。あたりまえの話ですが、ご先祖はもちろん、親族の方を自宅に迎え入れるわけですから、やっぱりそれに向けての準備が何かとありました。特に、“気合を入れた掃除”など、年末でもほとんどしない私が、便利屋時代の杵柄でテッテイテキにやりました。

坊さんと親族をお送りし、兄夫妻とようやくのんびりしつつ、お供物の「カニ缶」などをつついていますと、不覚にもまどろみのなかへ…お盆も大変ですね。淡々とこれらを年間行事としてこなしてきた、今は亡き親爺や御袋のありがたさを実感しました。来年からはもっと計画的にやろう!とり急ぎ、ちょっと早めのお盆…無事終了できそうです。

写真は自宅の軒先で育てた水ナスで作った、ちょっとずんぐりムックリの茄子の牛。





| トラックバック(0) |2008年8月 4日 06:23

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/241
親爺の初盆で、少々疲れましたとさ