世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について 何とも言えんもの  >  SEALゴーグルの補修、赤木さんに教わりました

SEALゴーグルの補修、赤木さんに教わりました

080730.jpg

「さあさ、美味しいパスタを茹でましょう!」という写真ではありません。SEALゴーグル劣化のお話、つづきです。SEALゴーグルを分解して取り出したスカートを茹でて、元の形状に戻しているところです。このいきさつは、前のエントリーに頂いた、水中写真家赤木正和さんのコメントによるアドバイスを実行しているのです。

結果は…完璧です。ゴーグルの劣化ではなく、スカート部分の変形が原因でした。さらにコメントにあるようにこのゴーグル、SEAL社と当方勘違いしておりましたが、SEALは商品名であり、正確にはイタリアのaqua sphere社の製品ということも判明しました。赤木さん、感謝です。

赤木さんは水中写真家というお仕事柄、“視界”という点にものすごくデリケートなのだと思います。さすがプロという感じですわ。赤木さんの著作本「渚のスローフード(つり人社)」については以前のエントリーでも御紹介しましたが名作です。そしてさらに先日、「ダイコンダイバー」なる書籍も発行されました。まだ入手していませんが、レジャー産業の現実について、自然環境保全について、とても冷静に問題を定義してくれているものと期待しております。

せっかくですので、赤木さんのブログやホームページを訪問してみてください。“あの有名な”、“みたことある”写真が…赤木さんが撮影したものだったと気がつきますよ!

●赤木正和さんのオフィシャルサイト
●   〃  「かたいブログ」 (いやいや硬くないですよ…)





| トラックバック(0) |2008年7月30日 10:40

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/238
SEALゴーグルの補修、赤木さんに教わりました