世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  アウトドアと自然について  >  この国が求める、河川環境の楽園とは

この国が求める、河川環境の楽園とは

080704.jpg

木曽川の中から見た景観…というシリーズを定期的にお届けしてきましたが、今回が最後です。広大な河川敷に見えるのは「なぜだか観覧車」。手前側の生い茂った緑は、なんと「港」ということです。さらに川の真ん中で漕いでいる私の反対側にはこの景観…
080704_2.jpg クリックで拡大

が見えます。東海北陸自動車道と、展望タワー「ツインアーチ138」(138は138m…“いち の み や”という意味だそうで)がそびえたちます。この景観に挟まれ、川の中でドンブラ漕いでいる私の感想はというと、「どうにもならない国家権力の壁の厚さ、またもやオロカナル人類を見た…」といった、やるせない気分で一杯になりました。

港はバンクしている川のアウト側に設置されているため、上流からの砂礫がたまり易く、完成(平成11年ごろか?)した直後から使われていないと推測できます。ムダ港。観覧車とタワーは、このあたりを整備した、お役人たちが定期的に上り、見下ろし、その偉業を確認するためのモノでしょう。

このあたりの整備計画…国土交通省が絶賛する「国営木曽三川公園」整備事業と呼ばれ、観覧車のあるインターチェンジあたりは、なんと「河川環境楽園」といいます。“平成の楽園”。皆さんはどのようにお感じになりますか?

●関連リンク
 ○環境共生型テーマパーク「河川環境楽園・国営木曽三川公園」
●関連エントリー
 ○「高嶋家の醤油量り売りと、鮎鮓街道」
 ○「川原の丸石を使った、笠松の亀甲石積み」
 ○「笠松の川湊。川から見るとこう見えるのだ」
 ○「聖牛(せいぎゅう)ってご存知?川から見た風景」
 ○「川からの景観、和船のある風景」





| トラックバック(10) |2008年7月 3日 10:38

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/220

この一覧は、次のエントリーを参照しています: この国が求める、河川環境の楽園とは:

» 高嶋家の醤油量り売りと、鮎鮓街道 from アウトドアをまちづくりに!
先の木曽川中流域、岐阜県笠松町界隈の視察の折、見つけました「醤油の量り売り」…... [詳しくはこちら]

» 川原の丸石を使った、笠松の亀甲石積み from アウトドアをまちづくりに!
川から見た風景…続きですが、これは厳密に川からではなく、川原から見た風景です。... [詳しくはこちら]

» 笠松の川湊。川から見るとこう見えるのだ from アウトドアをまちづくりに!
木曽川、川の上から見た景色で学んだことに、「川から見たほうが分かりやすいやん!... [詳しくはこちら]

» 川原の石を100円で売る、とある道の駅 from アウトドアをまちづくりに!
奈良県南部のとある道の駅の売り場。とても大胆なお土産ですね、「石どれでも100... [詳しくはこちら]

» 酸性雨つららと、石筍と from アウトドアをまちづくりに!
コンクリが有機体のように侵食され、解けて膨らんでいるでしょ?構造的には鍾乳洞と... [詳しくはこちら]

» 秋晴れ琵琶湖の北、高時川 from アウトドアをまちづくりに!
(クリックで拡大)琵琶湖に流れ込む高時川です。しばらくぶりに訪問・・・どうもこ... [詳しくはこちら]

» 京都美山川、紅葉狩りカヤック from アウトドアをまちづくりに!
法事と仕事の合間に半日お休み、ずる休み。トポリノをクルマに縛り付けて北へ、北へ... [詳しくはこちら]

» 川のチカラ、昭和の地層 from アウトドアをまちづくりに!
360cc、軽自動車だと思いますが、原型は全く推測できず・・・ぺしゃんこになっ... [詳しくはこちら]

» リセット。やっぱり川です、私 from アウトドアをまちづくりに!
ようやくといいますか、実質3ヵ月半ぶりに川で漕げました。丹生ダム建設でゆれ、照... [詳しくはこちら]

» 和船へのあこがれ from アウトドアをまちづくりに!
和船にあこがれます。川でも、海でも。艪ってこいでみたい、そして当て山なんかを実... [詳しくはこちら]

この国が求める、河川環境の楽園とは