世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  まちづくり観光について  >  聖牛(せいぎゅう)ってご存知?川から見た風景

聖牛(せいぎゅう)ってご存知?川から見た風景

080616.jpg

「川から見た風景の創出」の続きです。木曽川中流域、写真の遠くに見えるのは県道。電車の橋はJR東海道線。でもって、その手前のコンクリート製のこれは何?木曽川、長良川、天竜川など歴史的な“暴れ川”が人口密集地に流れるこのエリアではおなじみ、西日本ではちょっと出会うことがない「聖牛(せいぎゅう)」です。

聖牛とは、武田信玄の創案といわれる日本独自の河川特性に適応した伝統的河川工法上の構造物です。地元では「うし」と呼ばれるようですが、氾濫によって堤の決壊が予測できる川側に、木材を巧みに組み合わせ、蛇籠などを埋め込みます。ここに砂礫がたまり、堤を川側からも強化するというものです。

木材(写真ではコンクリート…ゆえに昭和の設置物だろう)をシンプルにくみ上げ、積み石や蛇籠を設置するという“実に簡単・単純”なつくりで、堤を補強します。設置時間も短くて済みますね。また、聖牛は魚類や昆虫にとっても姿を隠しやすい場所であり、環境にも優しいわけです。

スーパー堤防、テトラポット…そんな負荷の高いものではない治水…大川と闘った人々の生活、そして日本人の智慧が偲ばれる風景です。この聖牛、このあたりにはたくさん残っています。この聖牛について、きちんとした解説が可能であるなら、歴史的な景観(川から見た生活の風景)として大切なまちの資源になると考えられます。まず、地域の皆さんが再認識することが望まれますね。

●関連エントリー
 ○「この国が求める、河川環境の楽園とは」
 ○「高嶋家の醤油量り売りと、鮎鮓街道」
 ○「川原の丸石を使った、笠松の亀甲石積み」
 ○「笠松の川湊。川から見るとこう見えるのだ」
 ○「川からの景観、和船のある風景」




| トラックバック(11) |2008年6月16日 06:56

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/207

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 聖牛(せいぎゅう)ってご存知?川から見た風景:

» 笠松の川湊。川から見るとこう見えるのだ from アウトドアをまちづくりに!
木曽川、川の上から見た景色で学んだことに、「川から見たほうが分かりやすいやん!... [詳しくはこちら]

» 川原の丸石を使った、笠松の亀甲石積み from アウトドアをまちづくりに!
川から見た風景…続きですが、これは厳密に川からではなく、川原から見た風景です。... [詳しくはこちら]

» 高嶋家の醤油量り売りと、鮎鮓街道 from アウトドアをまちづくりに!
先の木曽川中流域、岐阜県笠松町界隈の視察の折、見つけました「醤油の量り売り」…... [詳しくはこちら]

» この国が求める、河川環境の楽園とは from アウトドアをまちづくりに!
木曽川の中から見た景観…というシリーズを定期的にお届けしてきましたが、今回が最... [詳しくはこちら]

» 北山川、ムササビ手前の不思議な大岩 from アウトドアをまちづくりに!
熊野川上流、北山川のムササビ(ゴンヨモ)の少し上流にある、不思議な大岩です。相... [詳しくはこちら]

» 川原の石を100円で売る、とある道の駅 from アウトドアをまちづくりに!
奈良県南部のとある道の駅の売り場。とても大胆なお土産ですね、「石どれでも100... [詳しくはこちら]

» 秋晴れ琵琶湖の北、高時川 from アウトドアをまちづくりに!
(クリックで拡大)琵琶湖に流れ込む高時川です。しばらくぶりに訪問・・・どうもこ... [詳しくはこちら]

» 京都美山川、紅葉狩りカヤック from アウトドアをまちづくりに!
法事と仕事の合間に半日お休み、ずる休み。トポリノをクルマに縛り付けて北へ、北へ... [詳しくはこちら]

» 川のチカラ、昭和の地層 from アウトドアをまちづくりに!
360cc、軽自動車だと思いますが、原型は全く推測できず・・・ぺしゃんこになっ... [詳しくはこちら]

» リセット。やっぱり川です、私 from アウトドアをまちづくりに!
ようやくといいますか、実質3ヵ月半ぶりに川で漕げました。丹生ダム建設でゆれ、照... [詳しくはこちら]

» 和船へのあこがれ from アウトドアをまちづくりに!
和船にあこがれます。川でも、海でも。艪ってこいでみたい、そして当て山なんかを実... [詳しくはこちら]

聖牛(せいぎゅう)ってご存知?川から見た風景