世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

Ambassadeur 2500C新品がでてきた

080527.jpg

大変マニアックなネタで恐縮です…またまた事務所の押入れからアウトドア用品が発掘されました。スウェーデンABU社の両軸受けリール「Ambassadeur 2500C」です。未使用のものです。わが社の押入れは不思議空間…どうなっているのでしょうか?

中学高校と、開高健の「オーパ!」や関連の釣行シリーズに強い影響を受けましたので、リールといえばアブの「赤」でなければなりませんでした。最初に買ったのは5000クラシックの赤。その後この伝説のリールは、残念ながら盗難されました。そして長年、海で使ったのが6500c。コッチは今でもスタンバイOK。

スウェーデンに行ったとき、ABU社を訪れました。日本から来たということで工場長?らしき人がえらく歓迎してくれました。懐かしい想い出です。スピニングリールは国産を使いますが、両軸受けリールはやっぱりABUというのが個人的な常識。時間を作り、2500cを使って熊野の「ノボリ(サツキマス)」でも狙ってみましょうか?




コメント(2) | トラックバック(2) |2008年5月27日 06:32

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/194

この一覧は、次のエントリーを参照しています: Ambassadeur 2500C新品がでてきた:

» 80年代前半は開高健にしびれっぱなし。 from アウトドアをまちづくりに!
まあ、今も読み返して「しびれっぱなし」なわけですが…。 懐かしいアウトドアシリ... [詳しくはこちら]

» アウトドア女子、撮影の背景 from アウトドアをまちづくりに!
今年あたりから本格的な増殖に期待したい、アウトドア女子。ぜひともブレイクしてい... [詳しくはこちら]

コメント

す、凄く反応してしまいます・・・涎

ご訪問感謝です。
実はアブ・マニアでしてん。よろしくね

Ambassadeur 2500C新品がでてきた