世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  まちづくり観光について  >  有機野菜の元気が、まちの元気につながる綾町

有機野菜の元気が、まちの元気につながる綾町

080522.jpg

渡邉家の食卓シリーズ(泣)第二弾は宮崎県綾町、「早川農苑 旬の野菜セット」3,500円です。月に一回お届けいただきまして、放飼い地鶏の有精卵と旬の野菜や果物10品の詰め合わせです。タマゴ人間の私としては、この有精卵のプライオリティーが高いわけです。

豊かな照葉樹林の森を、奇跡的に残すことができた綾町では、昭和63年「自然生態系農業の推進に関する条例」を設け、有機農業に町中で取り組んだ…著名なエピソードですね。早川農苑さんはこの取組みに共鳴し、綾町に移住されたとか。

同様に他地域から移住された方々がリードするかたちで、綾の有機野菜はブランド化していきます。町の産直センター「手づくり ほんものセンター」へは、早朝からお客さま(他府県から)が立ち並び、町が定めた「農地の登録基準と生産管理基準」による認証基準…金・銀・銅とラベルがあるのですが“ええもん”から売れていきます。マンガのように、棚から商品がなくなるのを私も目撃しました。

綾町の移住者は微増し、有機野菜を活用したレストランやオーベルジュスタイルの宿泊施設も出現。連動して陶芸、染色、織物、焼酎などの商品流通が活性し“結果として”産業観光や体験農業の観光客が定着しています。早川農苑さんでも有機農法を伝えるため研修生を受け入れたり、農業技術支援で海外でも活躍されています。

照葉樹林、有機野菜が生み出されるまちづくり、綾町は大変元気なまちといえるでしょう。ウチでは綾のまちの元気、野菜の元気を月に一回頂いております。

●関連リンク
・照葉樹林都市「綾町」
早川農苑からこんにちは
・ブログ 綾・早川農苑からこんにちは!

●食文化の保全関連エントリー
 ○「知られざる真鍋島 走りみこし味付のり」
 ○「いか飯コロッケに思うGWの道の駅」
 ○「熊野市紀和町でキジ(日本雉)を追う!」
 ○「岸和田でワタリガニ、ネブト、ジャコ、アナゴ」
 ○「まち歩き京都、せんべいの種?」
 ○「天然ウナギでまちづくりは可能か?」
 ○「おみやげに北山村のじゃばらドリンク」




| トラックバック(4) |2008年5月22日 07:42

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/191

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 有機野菜の元気が、まちの元気につながる綾町:

» 伊勢うどんのパッケージ…長登屋さんについて from アウトドアをまちづくりに!
お向かいの安田さんから、東紀州旅行のお土産といって「伊勢うどん」をいただきまし... [詳しくはこちら]

» 今年の運動会のお弁当、「地味」で「安心」 from アウトドアをまちづくりに!
岸和田の十月祭礼取材とモロに重なってしまった、空の通うさつき保育園大運動会。今... [詳しくはこちら]

» お取り寄せと、地産地消と、 from アウトドアをまちづくりに!
地域ブランド形成による産業振興というセオリーがあり、いわゆる地産地消というスロ... [詳しくはこちら]

» 東海美濃で「とんちゃん観光」 from アウトドアをまちづくりに!
先日の中年カヌー軍団、夕食は全員まとまって郡上八幡の「わかば食品」へ。ここは知... [詳しくはこちら]

有機野菜の元気が、まちの元気につながる綾町