世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について  >  お魚カルタで、ひらがなトレーニング

お魚カルタで、ひらがなトレーニング

080515.jpg

4歳児愚息、空君。保育園から帰ってきたら「お勉強タイム」を設けられ、ただいま「ひらがな」学習を展開しています。数字を覚えるときはかなりのスピードで飲み込んでくれましたが、ひらがなについては“モチベーションがイマイチ”だった模様で難航…。

しかし、写真の「築地お魚カルタ」をはじめ、大勢の皆さんから頂いている絵本などによって「面白くなってきた」様子です。最近はテレビのニュースのスーパーを“漢字飛ばし速読”してくれます。「読めること」が「楽しいもの」に変わってくるとこっちのものです。流れができると、覚えるスピードは倍増するようですね。

「あ」は「あんこう大口、なんでも食べる」です。築地お魚カルタ復刻版。食卓でおなじみの魚以外にも、多様なお魚がいること、また、水産業に関わるさまざまな仕事を知ってもらおうと作られたものでしょう。最近は、地域の魅力再発見という目的で地域振興ツールとしてカルタを作るケースも一般的で、いわゆるまちづくりにても活用されていますね。

カヌー工業会さん、川あそびお楽しみカルタ…危機啓発の意味をこめて作りませんか?





| トラックバック(0) |2008年5月15日 06:40

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/184
お魚カルタで、ひらがなトレーニング