世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  アウトドアと自然について  >  カヤックの醍醐味のひとつ、新緑のトンネル

カヤックの醍醐味のひとつ、新緑のトンネル

080512.jpg

すばらしい景観でしょ?滋賀県T川に行ってきました。トロッとした流れの清流の上空は、照葉樹のトンネルです。秋には多くはありませんが、モミジ、カエデの紅葉が混じります。昨年の11月に同じT川に行ったときのエントリーはこちらから 「カヤックで紅葉のトンネルを」 …。

初夏を感じさせるこのシーズン、あいにく気温が12度と少々肌寒く、空はかすんで見えましたが、フジの花、ネムノキの薄紫はもちろん、木々の花が咲き「お山」がもっこり、くっきりモコモコ…立体的に見えてうれしくなります。普通(一般的な陸上生活)では、出会うことのできない自然景観…このT川のように100年、200年前からの風景に遭遇できるうれしさ…

T川に今更ながら大規模ダムの計画があります。再燃しています。単純に一面的に「この景観のタメにダム反対!」とは唱える気はありません。しかし一度、カヤックで新緑の、そして紅葉のトンネルをさまざまな立場の方々に下ってほしいと考えています。それからもう一度議論してみませんか?

豊かな水を蓄え、田植えが終わった水田が高速道路沿いに続きます。たまに一面、ゲンゲの紫色の田んぼがあり、目を和ませてくれますが…こっちははこっち、減反対象の田んぼなのですね。これも単純に「きれいだわぁー」と微笑むことができません。




| トラックバック(1) |2008年5月12日 10:51

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/181

この一覧は、次のエントリーを参照しています: カヤックの醍醐味のひとつ、新緑のトンネル:

» 高時川、照葉樹の森を漕ぐ。 from アウトドアをまちづくりに!
照葉樹の森を細かく蛇行して流れる、ここ滋賀県の高時川。このモコモコした感じ、い... [詳しくはこちら]

カヤックの醍醐味のひとつ、新緑のトンネル