世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について 何とも言えんもの  >  折り畳み式カヌー、ファルトボートを流行らせる

折り畳み式カヌー、ファルトボートを流行らせる

080419.jpg

なみまくらも無論、そうなのですが、折り畳み式カヌー…いわゆるファルトボートを改めて見直し、この楽しさを発信していこうというプロジェクトをはじめています。カヌーを担いで移動し、電車やバスなどを上手く利用して、川や海のツーリングを楽しむという遊び道具です。

ちょっと高価だったり、組み立てが面倒であったりという理由などから、爆発的なヒットにはいたっていません。そんな理由から、これまでカヌースクールやツアーガイドは、あえてこの道具を使ってきませんでした。だからファルトボートのユーザーという人は自分自身でフネを購入し、自分流の旅を主体的に作ることになりました。

そう…ファルトボートの旅は極めて主体的であり、自己実現そのものなのです。川や海でのツーリング計画を想像し、それを中核として電車やバスなどの前後の移動計画を緻密に組み立てなければなりません。もちろん、緻密でない“いきあたりばったり”な旅を期待することもできます、ヒッチハイクなども大いに楽しめるわけです。

旅を作り、自らリスクに対峙する…その見返りは、自然や土地の人々との語らいなのだ…と。まさに、ファルトボートの旅は、成熟した大人の遊びなのです。お馴染みフジタカヌーのみなさんをはじめ、賛同頂ける同志と、まず独自のブログを立ち上げました。拙ブログの寄り道がてら、たまに覗いていただけますと幸いです。

●新設ブログ「折りたたみカヌー情報サイト」
●タグ
  




| トラックバック(1) |2008年4月19日 09:01

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/162

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 折り畳み式カヌー、ファルトボートを流行らせる:

» フォールディングカヤックのブログが好調! from アウトドアをまちづくりに!
仲間の(ご)さんと共同執筆形式にて、GW前に立ち上げることになったフォールディ... [詳しくはこちら]

折り畳み式カヌー、ファルトボートを流行らせる