世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  アウトドアと自然について  >  事前テキストをツアーで導入しませんか?

事前テキストをツアーで導入しませんか?

080409.jpg

世界遺産、熊野でのファーストクラスのアウトドア、カヌー旅を提供している弊社。お申込いただいたお客さまには、非売品である「熊野BOOK(ツアー事前テキスト)」をもれなく進呈します。テキストといっても大層なものではありません。その付録部分である、“永遠に完結しない”熊野歴史年表が一段落付きました。

「アウトドアで、なんで熊野の年表なの?」といった問いは愚問です。アウトドアガイドは自然生態系のお話はもちろん、必要があれば地質学、気象学、歴史、人文、比較人類学などなど、お客さまが自然と語らうことのできるように、持っている全ての知識と知能を活用するからです。もちろん、ご興味のない方にはお話しませんが。

熊野川瀞峡スタート直後に「墜落岩」という岩があります。観光船の解説では「慶長年間の地震で落石した」というだけですが、年表をネタにすることで慶長10年が1605年、江戸幕府創立の2年後で、江戸城本丸普請のために北山、十津川が筏役を務めた…そんな実に深いお話が可能で、今日下った川の世界観がぐぐっと広がります。

事前テキストはツアーに参加する前の諸注意事項や、アナウンスによって参加にむけての高揚感、期待感を広げるとともに、こんな風に当日もきっちりと役立ってくれます。事前テキストは海外のエコツアーでかなり以前から一般的ですし、弊社の修学旅行商品では全て独自の教材を参加費に含ませてあります。

あらゆる旅行商品に関わるサプライヤーの皆さん、アウトドアサービス事業者のみなさん、こういった事前テキストを積極的に作成して、お互いに見せっこして競争しませんか?多分それは、いわゆる成熟化観光につながっていくはずです。

●なみまくら 「熊野BOOK」のアウトライン




|2008年4月 8日 19:09

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

事前テキストをツアーで導入しませんか?