世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

ボートショー2008 欲望のPWC

080308.jpg

横浜みなとみらいで開催されている「ボートショー2008in横浜」を視察しました。カヌー工業会もかかわり、知り合いも多く出展しているので、まあご挨拶がてら…そこで見つけましたPWC、ウイウイ。すごいですね、欲望のままに進化しているニューモデル…カワサキ、ヤマハ、ボンバルディ…。

プレジャーボートの数々による展示は、まあ、もっともらしいといいますか当たり前…大変きらびやかではありますが、会員制マリーナの出展もそうなのですが、“一時の隆盛”から比べると大変おとなしくなっています。現実的な消費者市場を反映しています。もう、そんなに売れません。

しかし、PWC(パーソナルウォータークラフト…ウイウイ)は各社ニューモデルを発表!それも、信じられないような高出力、高馬力のオンパレード!どうなっているのかしら?売れるのこれ?。確かにライダーが個人で楽しむPWCから、いわゆる「引きもの(バナナボートやウェイブスキー)」にニーズの移行があり、馬力が要求された結果と指摘できるのでしょうけど、これほどまでとは…。

騒音、ガソリンの流出、マナー低下など深刻な問題はもちろんのこと、昨年度はたくさん死者の出たPWCウイウイ。メーカーブースに“安全啓発”の色合いはほとんど見えませんし、危機意識を感じることができませんでした。高出力に比例して、運転者の対応レベルも高くなるはずなのに…レジャー仕様でこんなスペックが必要なの?レスキュー用ならわかるけど。

正直、「ゾッと」してしまうニューモデルの展示でした。多くの海浜で「PWC立ち入り禁止」地域が増加していることを背景に、内陸の湖畔や河川を走り回るPWCが増加しないことを祈りつつ、馬鹿な事故が増えないように業界団体の誠意ある安全啓発を期待します。また今年も、大勢死ぬぞ!!

●関連リンク
「妖怪「ウイウイ」を退治して!」07.08.18

●タグ
  





| トラックバック(0) |2008年3月 8日 10:19

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/135
ボートショー2008 欲望のPWC