世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  アウトドアと自然について  >  春カヤック 透明な櫛田川

春カヤック 透明な櫛田川

080324.jpg

三重県飯高町香肌渓を流れる櫛田川。この透明度をご覧ください!まるでカヤックが空を飛んでいる感じがしませんか?フワフワ〜ドンブラコ…

先のエントリー「京都美山 唐戸渓谷」では早春の雪解け水のカヤックとして「ユキシロの重い水」をご紹介しましたが、ところ変わってこちらは高見山を源流とする櫛田川。奈良側へ流れる高見川、吉野川には「ユキシロ」の濁った水が流れていましたが、こちら三重県側ではユキシロは既に澄み切って透明になっています。

同じように水温はまだまだ低く、大変冷たいのですが抜群の透明度に身体はずいぶん軽く、うひゃうひゃと遊んでしまいます。一応増水の状態なので、普段見られないプチウェーブやプチホールが多数出現するので、くるくる回って遊べました。

写真のカヤッカーはピンピンコロリのPPK野村さん。めったにお目にかかれない抜群のコンディションに、69歳の好々爺も大層お戯れになりました。カヤックでなければ得ることのできない景観や浮遊感…たまりませんわ。カヤッカーにとってのうれしいシーズンが幕開けです。




| トラックバック(0) |2008年3月24日 06:30

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/144
春カヤック 透明な櫛田川