世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

ずらりと並ぶデジカメ

080318.jpg

修学旅行シーズンにはちょっと早いのですが、タイミングを意図的にずらした、中高一貫校によるプログラムを実施しました。詳細は追って報告しますが、このずらりと並ぶデジカメをご覧ください。

当世、修学旅行事情…先生方の前にずらりと並ぶのは様々なデジカメ。分かりますよね、集合写真の一コマです。専門のカメラマン(校門の近くの写真屋さん?)が生徒に付き添って写真を撮影されることももちろんありますが、最近は稀なケースです。“焼き増し”といった行為そのものが激減しました。

ちょっと以前でしたら「写るんです」に代表される、レンズ付きフィルムが同じようにずらりと並んでいました。サインペンで持ち主の名前を書いたやつ。かわいかったですね。しかし、高価で高機能のデジカメがずらりと並ぶと、ちょっとかわいくありません。

「どうやって撮影するのか…?」一人ひとりのカメラを先生、もしくはスタッフが持って、生徒さんには何度もピースしてもらって、並んだカメラがなくなるまで繰り返し撮影するのです。何とも言えません。すごい消費型生活ですね修学旅行。もちろん、携帯電話のカメラは別に持っているわけですし…用途は別の模様…

おじさんたちの世代では、旅行から帰って一週間ほどして廊下に写真が張り出されたりしました。それに名前を書いて、さらに一週間ほどしてお金と引き換えに配られる「焼き増しの写真」が、何ともなつかしい…。

●タグ
  





| トラックバック(0) |2008年3月18日 06:36

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/141
ずらりと並ぶデジカメ