世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  アウトドアと自然について  >  カヤックフィッシングに一言

カヤックフィッシングに一言

080211.jpg

海でのカヤックフィッシング…昔、散々やりました。瀬戸内、日本海、沖縄…たくさん獲って食べました。いろんなフネも試したうえで、今は川のカヌーに落ち着いている私です。そして今、カヤックフィッシングに注目が集まっていると認識しています。ちょっとドキドキしています。

まあ、それはそれで市場を刺激でき、悪くはないのですが、先行して遊んでいた者として(何でやめたか)、ちょっと書いて残そうと思いました。カヤックフィッシングやってる皆さん、始めようと考えている皆さん、気をつけてください。

ナブラを追ってジグを投げ、青物(サバやヒラマサとか)を釣って、その引きごたえを楽しんだり、バス釣りで進化したワームを使って、美味しいガシラやアコウなどの根魚を釣り上げれるカヤックフィッシング…そりゃ楽しいです。美味しいです。

気をつけていただきたいのは、青物ですね。引きが強烈過ぎるのです。なめたらいけませんよ。40センチあればサバでもヒラマサでもカヤックを引っ張ります。カヤックは真横に引っ張られたら、簡単にチンする乗り物であることご存知ですか?大切なタックルは全て海の中…

また、想像してください。フネに固定している突起物を。PEライン(ナイロンのより糸)を使ってますよね。これ切れないから危ないんですよ、ロープと一緒。カヤッカーがどれだけロープに神経質か知ってますか?青魚に引っ張られたまま手元に近いロッドフォルダーにラインが引っかかったら、当然横方向からの引張りであり、その後は?

根魚は1センチ成長するのに1年かかります。漁師も獲らないエリアに入って「集魚剤」の入ったワームを使うのは、魚礁に致命的な影響を与えます。まあ、理由を挙げればもっと出でてきますが、私がカヤックフィッシングをやめた理由はその辺です(集魚剤は使ってないぞ!)。だって釣れすぎるんだもん。

ミチイトの先が細くなってハリスというシステム全てがいいとは言わないですが、強固なダブルラインシステム(結束)が魚を根絶やしにするばかりか、釣り人自身のリスクを高める可能性がありませんか?映画に出てくる海賊たちが、手足がなかったりするのはなぜだと思います?新しい遊びのジャンルなだけにちょっぴり課題定義しておきます。釣りたては旨いけどなぁ…

●タグ





コメント(5) | トラックバック(0) |2008年2月11日 18:44

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/121

コメント

またまたそそられるエントリ!

ここにいろいろ書かせていただこうかと思ったんですが、そういえば昔アップしたコンテンツにちょうど良い写真があったと思い当たり、拙ブログでコンテンツをアップして、またトラックバックさせていただきました。

連日スミマセンです(^^;

いじって頂き、感謝します。
Ryuさんのカヤックフィッシングエントリーはこちら
●「カヤックとフィッシング 」

いやいや、この手がありましたか!
大昔、波照間島でロウニンアジを釣ってしまったことがありますが、万が一、80センチがかかると…
そうか、その時は手を離すのか…

そうそう、手を離すんです>80cm(笑)

で、帰ってから友達に話すときは、1m超になっているという(爆)

ところで、トラックバックが反映されてませんねぇ。
今日仕事から帰ってきてもまだ反映されてなかったら、もう一度送信してみます。

はじめまして
石垣島でカヤックでカジキをあげているshuさんて海神様がおられるのですがこれってすごい事なんですね。http://blog.livedoor.jp/faithischoice/archives/cat_10004368.html

グッシーさん、ご訪問いただき、ありがとうございます。
ご紹介いただいた「shu」さんのサイト、拝読しました。

オープンデッキスタイルの船ではまだ安定性が高と思われ、上記エントリーのようなリスクは少ないですね。

しかしまあ、釣りとカヤック…二兎を追えば、どこかのところで無理が出ます。

私は死にたくないので、カヤックならカヤック、釣りなら釣りと専念することにしています。
大物釣って、そいつに殺されるなんていやですわ。ははは。

カヤックフィッシングに一言