世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  まちづくり観光について  >  まちづくり観光で得る、観光内需

まちづくり観光で得る、観光内需

071112.jpg

写真は海から現れた岸和田の守り神…無数のタコが戦場に現れる「蛸地蔵縁起絵巻」の一場面。南海蛸地蔵駅のステンドガラス…なんかかわいらしいでしょ!そこに住まう方がこっそり知っている、小さな「まちの文化財」。こういうものがみなさんの“地元の誇り”だったりするのかもしれません。

さて、都市環境デザイン会議主催の第16回都市環境デザインフォーラム・関西「都市観光の新しい形」
http://www.gakugei-pub.jp/judi/forum/forum16/index.htm
が岸和田で開催され、聴講してまいりました。建築関係、都市デザイン、環境関係の先生方による「観光」への着眼点、これからの期待をリアルに実感することができ、大変勉強になりました。

さまざまな事例報告のなかで、尼崎南部再生研究室「あまけん」による地元の“商売気”で推進する地域ブランドの選出、活性手法をはじめ、高槻ジャズストリートに見られるベッドタウンの市民パワーなど、手づくりシビルパワーによるまちづくり観光の現状に驚いてしまった次第です。

ノートにたくさんのキーワードを書き出すことができたのですが、「長崎さるく博」プロデューサー茶谷幸治さんによるキーワード「観光内需」というのがとても印象深かったです。観光内需…ついつい、観光振興によって観光関連産業の活性を期待する声が盛り上がりますが、実際は旅行代理店や交通などの“外需”ばかりの成果を問うことになりがちで、本当に注目するべきは、観光に伴う地域の質的変化、個人やコミュニティーレベルでのつながりや喜びなどの「内需」を一層意識すべきではないか…

そんな意味合いがあるように感じられます。観光内需とはまちづくり観光の求めるべき方向性の、大切な要素であると実感できました。なかなかタメになるフォーラムでした。都市環境デザイン会議関西ブロックのみなさん、ならびに岸和田市役所のみなさん、お疲れさまでした。

●タグ
   

●トラックバック
「都市観光の新しい形、岸和田で開催!」07.10.17
http://blog.namimakura.jp/2007/10/post_58.html
「新しい切り口の観光振興計画」07.07.18
http://blog.namimakura.jp/2007/07/post_27.html
「まちづくり観光の定義!」?07.07.12
http://blog.namimakura.jp/2007/07/post_26.html




| トラックバック(2) |2007年11月12日 06:41

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/77

この一覧は、次のエントリーを参照しています: まちづくり観光で得る、観光内需:

» 岸和田でワタリガニ、ネブト、ジャコ、アナゴ from アウトドアをまちづくりに!
「第十一回 泉州 寒づくりの宴」という新酒品評会にお招きいただきました。サブタ... [詳しくはこちら]

» 岸和田本町に響き渡るお囃子、音景観… from アウトドアをまちづくりに!
岸和田城の南側、紀州街道筋にある本町は、 江戸時代の様子を残した情緒あるまちな... [詳しくはこちら]

まちづくり観光で得る、観光内需