世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

道具研修会

061105.jpg
大量のキャンプ用具(それもかなり使える国産品ばかり)を買い足しておるのです。なみまくらでは。
もちろん、自然あそび職人たちはそれらを自由自在に扱えるわけなのだが、なかには新しい道具をマスターする必要や、裏技などの情報交換が必要となるわけですね。

それで行った道具研修キャンプ。
私みたいな、一旦現役を退いてまた復活してきたものにとって、最近のキャンプ道具は面白い。確かに進化してますね。リビングシェルといったタイプのタープ(テント)や個人用テントの居住性のよさときたら、驚いてしまいます。

来春のシーズンになったら、これらを熊野の川原で試してみたい。たぶん、10日も20日も滞在できるすぐれものなのでしょう。




|2006年11月 5日 18:44

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

道具研修会